スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

無題「出入禁止を食らう馬鹿な客」 

1週間ぶりにバイト。
だが、バックルームに置いてある連絡ノートがえらいことになっていた件。
店長の怒りがノンディレクショナルレーザー状態。
ええ、食らいましたよ俺も。名指しでw
ミルキーウェイにマスパ混ぜてんじゃねぇよ・・・マジ焦ったわ・・・。
まぁ、あの欠品を見落としたのは我ながら有り得ないと思いますがw

そんな、難易度で言えばHardからはみ出してLunaticにでも達しそうな店長の怒りの最たるものが、客への出入禁止措置。
鬱陶しい奴だったそうです。中年女性だとか。
来店しても、基本的に無断でトイレを使うか立ち読みするかの2択しかなく、買い物をするとしても缶コーヒーしか買って行かないという客(コーヒーだけってどこの一方通行ですかよ・・・)。
その馬鹿が、遂には万引き未遂までやらかしたらしいです。
缶コーヒー一本持って、レジを通らず外へ出たのを店長が捕捉し、問い質すと中年女にありがちなあの喧しさで喚き始めたため、ただの一言「―――出てけ。」と言ったらしい。
一体どれほどの迫力だったのか・・・さてはラストスペル級だったかもしれない。
食らいたくねぇ。

それには及ばないものの、強烈だったのが、クルーを一人退職に追い込んだこと。
なんでもその人はレジのところで飛び跳ねて遊んでいたのだとか(意味が分かんねぇ・・・)。
その、公私混同した行動に店長が激怒し、7月のシフトを全部外した結果、向こうから退職を申し出たらしい。
そりゃ金貰ってるし責任も負ってますからねぇ・・・そういった立場を違えてもらっては困るということなのでしょう。
俺も気をつけないと・・・いや、俺は少なくともレジのところで飛び跳ねたりはしませんよ?
足元に頭文字Gでも出ない限りは。
ま、辞めてしまった件はどうしようもないから反面教師とするとしても、しこりが残る事件です。

・・・何故、彼は跳ねていたんだろう?


京都行きやらなんやらの話を消化しようと思いまして。
講習会は、30分遅刻したせいもあって殆ど記憶に無いです。
記憶の殆どは、夫人の初心者としては有り得ないほどアグレッシヴな運転(in 中国自動車道~名神高速道路)とド根性ラーメンで占められてます。
運転は写真に撮りようが無いので(助手席に座っているからといって、撮ってるような暇はあまり無かった。車間距離や速度を監視していたので)、ラーメンの写真でも。

<Before>
Image053.jpg
ド根性ラーメン(900円)

一玉とか二玉とか替え玉とか、そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。

味わったなどと言いつつ、実は終わりのほうなんかは何食ってるか分からなくなってたんですがw
つらかったのは、麺が食っても食っても減ってないように見えた時間帯。
あそこが根性でした。いや本当に。
必死に麺を食らい続け、終わりが見えた瞬間、我に返り「勝てる・・・ッ!」などと思った辺り、これはもはや食事ではない。

そんなこんなで10分くらいが経過し。
<After>
Image055.jpg
完 食 。
OB含め、俺が最速だったはず。
お陰で胃が満杯になり、長らく(運転中も)リバースの危機に晒されたのですがw

一応、全員が食いきったらしいです。
U-teがかなり苦戦してましたが。

つーかリアルに晩飯入らなかった・・・それを見越して2回生を回転寿司へ連れて行ったU-teは間違いなく策士。

京都の話はこれで消化したことにしてください。
もう俺の体内にもド根性ラーメンは残ってないですし。

禁書の話を2連でしましたが、写メうpるの忘れてました。
何か買ったらうpするのが習慣なのに、何たる失態・・・ッ!

ともかく、遅ればせながら現状はこんなです。
Image060.jpg
みんないいキャラしてるが、そこは敢えて一方通行の一点突破でなどと言ってみる。
いや、ステイル辺りもいいキャラしてるんですけどね。

はて、禁書の話を出すとスパムが寄ってくるのが鬱陶しい・・・何が「ふぉぉおおおおぉおぉおwwwww」だ。
おちょくってんのか。



タウンワーククソワロタwww
タウンワークって時点で誰の話かは分かりますよね?

ともかくこれはつづけーね。


シャーペン繋がりで少し引っ張ってみる。
文房具にこだわるか否かは、人によって異なりますが、俺は割りとこだわるほう。
高校の頃から使っている相棒でもうpしてみる。
Image059.jpg
Pentelの「KERRY」。
知人の影響を受けて買ってから、ずっと使ってます。
何気に、こいつと共に受験戦争を戦い抜いていたり右から左へ受け流していたり。
スペックとしては、長く使えそうな外見をしておきながら実はある部分の磨耗が射命丸並みに早い一品。
キャップと本体をつなぐリングがね・・・結構な勢いで磨り減るのですよ。
終いにゃ、キャップを被せても下に向けただけで外れる状態に。
その他、俺の扱いのまずさ故の損耗が激しいですが、限界まで使いたいですね。
愛着あるし。

因みに、このシャーペンで絵を描いたことはありませんw
描いたかも知れませんが、レベルが落書きというか、描いたのがリアルに落書きという可能性が高いというか・・・w

落書きは、無論自分のノートに、ですよ?
杞憂かもしれませんが、イタリアでの一件があったばかりですので、特に申し添えておきます。
スポンサーサイト

カテゴリ: Diary

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://frame.blog20.fc2.com/tb.php/355-05471a65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。